• 株式会社RESET

寝ても寝ても眠い!その疲れは脳から!?

どんなにたくさん寝た後でも、眠たいときってありませんか?

しっかりと睡眠時間を確保しているはずなのにそれでも眠い。そんな症状はもしかしたら「脳」が休めていない証拠かもしれません。 そこで今回は脳からしっかりと睡眠が取れるコツをご紹介します。


何もしていないときでも脳は活動している

何も考えずにぼーっとしていたとしても、実は脳は働き続けていて、むしろそんな時の方が脳は活発に動いている、ということが近年の研究でわかってきています。

早めに寝ても朝起きたときにぼんやりしてしまったり、日中に眠気を感じたりするのは、もしかしたら脳がしっかりと休めていないことが原因かもしれないのです。

脳は、無意識のうちに活動してエネルギーを消耗している機能があります。

この働きが時に暴走し、過去への後悔や未来への不安などネガティブな雑念を生み出しやすく、意識していない間でも想像以上に脳を疲れさせてしまうことがあるのです。


脳を休めるコツは「集中」すること

これらの雑念を意図的に出来る限り取り除き、脳に疲労物質を溜め込まないようにするには、マインドフルネスや瞑想、呼吸法などを利用しながら「集中」することです。

ご自身で実践しやすいものとしておすすめは、呼吸法です。

例えば5秒で大きく息を吸って、5秒キープ、5秒で吐き出す、という具合で、慣れてきたら徐々に秒数を増やしていくといいでしょう。

この繰り返しをするだけでも十分脳の疲れはスッキリします。仕事中でもリフレッシュでき、仕事の効率が上がりますし、眠る前に行うことで脳がスッキリします。


脳を休めるためにはヘッドスパも◎

さらに、時間のない方におすすめなのが、「ヘッドスパ」です。 頭皮をもみほぐすことで、緊張状態だった脳の働きを緩めていき、夜ぐっすりと眠れるように導きます。是非、この機会にお気に入りのサロンを見つけて、「ヘッドスパ」をご体験してください。

普段目一杯働いてくれている脳をほんのひと時でもゆっくり休ませて、少ない睡眠時間でもスッキリと目覚められるよう、試してみてはいかがでしょうか。